2007年08月30日

PSPで720x480サイズの動画を見る方法

PSPがファームアップデートし、3.52になりましたが、私にとって最大によかったことが。 それは動画再生サイズが最大720x480になったこと。

PSPは画面解像度が高いわりに、動画再生のサイズがそれほど高くなく、ぼけ〜〜と表示されていましたが、 720x480という高解像度になったのでクッキリと表示させることが可能になりました。

私は動画変換君で動画を作成しています。
その方法を初心者の方にもわかるように解説してみますね。

動画変換君をインストール

MobileHackerzさんサイトから動画変換君(フリー)をダウンロード。 今日現在最新版は、3GP_Converter034.zip (Version 0.34)となっています。
大変ありがたいツールです。

変換用設定ファイルを少しいじる

動画変換君をインストールしたフォルダ 3GP_Converter の下に default_setting というフォルダがあります。そこには色々な端末向けの設定ファイルがあります。

Transcoding_PSP.iniというフィアルをテキストエディタで開く。
Item17まで入ってますので、以下をItem18として追加します。

[Item18]
Title=PSP 720x480/v600
TitleE=PSP 720x480/v600
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vol 600 -vcodec h264 -coder 1 -bufsize 256k -g 300 -s 720x480 -vlevel 30 -r 29.97 -bf 8 -me full -obmc -qpel -aiv -umv -qns 3 -mbd 2 -trell -aic -b 368k -sc_threshold 10000 -qmin 1 -qmax 26 -aspect 16:9 -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64k -f psp "<%OutputFile%>.MP4""
Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -f image2 -ss 30 -vframes 1 -fixaspect -s 160x120 -an "<%OutputPath%><%OutputFile%>.jpg

追加し終わったらテキストファイルを保存して下さい。

動画変換君をインストールしたフォルダ 3GP_Converter に Setup.exe があるので起動。

さきほどのPSP用ファイル(機種別設定:MP4ファイル,PSP向け設定)を選択して、設定ボタンを押します。ダイアログが出るので 「はい」を押します。

これで、さきほどのItem18が「PSP 720x480/v600」というタイトルで、 ドロップダウンリストの一番下に出てますのでそれにします。

動画を変換

変換前に出力先ディレクトリを指定しておきましょう。
MPEGなど動画を「ここにフィアルをドラッグ&ドロップ」という空欄にポトンと落とせば変換開始です。 ここではDVDのVOBファイルを変換してみましょう。

VOBファイルはたいてい1GBとか4GBなどでかくてこんなファイル名です。
VTS_01_1.VOB
VTS_02_1.VOB
 ;
それをポトンと。

すると変換が開始されます。
変換には結構時間がかかります。高速なマシンでもソースが1時間もので約10分はかかります。

メモステに保存

従来、m4v00123.MP4、m4v00123.THM とかいうファイル名でメモステに保存してましたが、 720x480動画の場合は違います。

メモリースティックのルートに「VIDEO」フォルダがあります。そこへxxx.MP4ファイルを保存すればOKです。 xxxは日本語もオッケー。

サムネイルを用意

以前は、.THMがサムネイルファイルでしたが、今回からそれは不要。xxx.MP4という動画ファイル名ならちゃんと「xxx」 とPSPに表示されます。このようにサムネイルは無くてもいいですが、あったほうがいいという方はこれ。
サムネイルはPowerDVDやその他動画プレイヤーでスクリーンショットがとれますのでそれを利用しましょう。
それを160x120ドットのjpgファイルで保存します。

↑で作った動画フィアル(xxx.MP4)と同じ xxx.jpgとして同じ場所に保存すればOKです。

ちなみに私は面倒なのでサムネイルは作成してません。日本語フィアル名のみで充分です。 それ以前にm4v?????というファイル名にしなくてよくなったのが非常に嬉しいですね。


以上で終了です。


作業は慣れれば簡単です。
買ってきたDVDを見るヒマが無いという方は、MP4ファイルに変換して、高解像度で優雅にPSPで観ましょう♪

posted by xooxoo at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム機

ドコモからスライドケータイ型スマートフォン「F1100」と「HT1100」

ドコモから久しぶりにFOMAシンプルスマートフォンが2機種発表されました。

発表されたのは、「F1100」と「HT1100」。
しかも、私が使ってるX01HTみたいな形状ではなく、スライドケータイそのもの。

F1100の特徴

これは富士通製のスマートフォン。

  • FOMAのHSDPAにより下りが最大3.6Mbps。
  • Biz・ホーダイに対応
  • 無線LAN
  • Bluetoothによるハンズフリー,データ交換
  • 指紋認証
  • スライド式テンキー
  • 112x51x16.9mm、130g
  • QVGA、65536色液晶
  • microSD
  • 131万画素CMOSカメラ
  • Window Mobile 6
  • 2007年度第4四半期発売予定

F1100のページへ

F1100はタッチパネルではありません。よって、ばりばりと手書き入力してやろう!と思ってる方はご注意を。

HT1100の特徴

これは私のX01HTと同じHTC社製。

  • FOMAのHSDPAにより下りが最大3.6Mbps。
  • Biz・ホーダイに対応
  • タッチパネルでぐりぐり操作できる新感覚「TouchFLO」
  • Bluetoothによるハンズフリー,データ交換
  • スライド式テンキー
  • 107x55x16.5mm、120g
  • QVGA、65536色液晶
  • microSD
  • 200万画素CMOSカメラ
  • Window Mobile 6
  • 2007年度第4四半期発売予定

HT1100のページへ

HT1100には無線LANはありません。
無線LANでばりばりとブラウジングしてやろう!と思ってる方はご注意を。

個人的には、HT1100はタッチパネル仕様なので、液晶面を保護する意味で折りたたみ型のほうが良かったです。 カバンの中などでTouchFLOが反応してしまっても困るので。。



とにかく私も前から欲しい欲しいと言ってたケータイ型のスマートフォン。 今月ドコモからソフトバンクに乗り換えてX01HTを買った私としては少しショックかも・・・。

しかし、どちらの機種もですが、気になってるのはメーラー。
Push型のiモードメール送受信は可能なのでしょうか?これが結構決定的な機能かと思われます。あとからダウンロード可能なのでしょうか? ショックを隠し切れない私のX01HTでは、一応ソフトバンクメールが普通に使えてます^^。

それともう1つ気になるのは価格。
ソフトバンクやウィルコムでは割賦購入が可能。端末に支払う金額は大きく割り引かれていますが、ドコモの場合はどうなるんでしょうか?

いずれにしても、M1000のようにお堅いイメージではなく、 かなりカジュアルにまとまってていいですね。
今後どんどんこのカテゴリーの端末が出てくればいいですね。

 

 

ドコモ発表資料

Biz・ホーダイ

posted by xooxoo at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドコモ

X01HTで動画再生は結構つらい・・・

japan.internet.comによりますと、 携帯端末機器では今後動画再生機能が伸びてゆくだろうとのことです。

現在まで、携帯端末としての大きな機能としては音楽再生。 しかし今後はAppleをトップとして動画再生機能を持った端末が売れてゆくのでは?との推測。

私が個人的に思う動画再生機能に欠かせないことはというと、「液晶パネルの良さ」でしょうか。

今まで動画再生をやってみた端末としては、

  • P900iV:×
  • P902i:×
  • D902i:○
  • PSP:○
  • X01HT:×

ここに書いた○×は「視認性」。
液晶画面で動画を見るわけですが、快適に見るための命との言えるのは液晶の視野角。
ここで×の付いている端末は視野角が非常に狭く少し斜めから見ると色反転が起こります。 逆に○のものは視野角が広く斜めからでも色が反転せず見やすいです。

今月ソフトバンクのX01HTにして、動画再生もやってみました。結果は残念ながらNG。



その理由としては、CPU速度など能力的なものではなく色が反転すること。

液晶パネルというのは、縦方向と横方向で作りが違います。ただそれが実際に目で見て決定的に違う端末と、あまり違いが無い端末とがあります。 上で書いた×マークの端末は大きく違うほう。

例をあげると、P902iでは基本的に液晶を縦長方向に見る設計になってるようです。動画は横長にできています。 携帯電話などで動画を見るときには画面を広げるために、90度まわして表示します。なので携帯も90度まわして動画を見ますが、 パナソニックの採用している液晶パネルは縦長方向の視野角が非常に狭い作りになってます。よって映像が左目と右目で違って見えます。 実際に見たかたはわかるでしょうが、かなり違って見えます。これでは動画はもちろん、普通の静止画でも見難いものとなります。

D902iやPSPは液晶の作りがいいんでしょうね。
色も反転せず快適に画面を見ることができます。

X01HTの場合、更に悪いのは輝度が低くコントラストが高いこと。明るい部分は明るいですが、少し暗い部分が真っ黒に近く見えて、 普通の映画だと真っ暗がりでないと一体なにがどうなってんのかさっぱりです。X01HTは動画再生に適していません。上の絵は「CSI」 を動画変換君で3gp化し、メディアプレイヤーで表示したものですが、PSPやD902iなどで見るともっと周りのものが見えてますが、 X01HTでは周りがまっくらに見えます。

動画を見るぞ!と気合の入ってる方は、実際に画面を見て判断したほうがいいですよ。そういう点で言うとシャープの端末は綺麗ですね。

今のところ、家以外で動画を見るなら、画面サイズも大きく輝度もあり、 また動画再生でも電池の消費がそれほどでもないPSPがベストだと思いますよ。(他の端末だと電池が結構あっちんちんになってしまうほど。)

posted by xooxoo at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Mobile

携帯写真で耐震診断

携帯で自宅を撮影しメールすると耐震診断をしてくれるそうです。


このサービスをしているのは、つくば市にあるインテグラルという会社。

診断結果はメールで返信してくれ、補強工事設計とその工事の概算見積書が添付されるようです。
家が倒れるかもしれない方や、ご興味のある方は是非是非。

gooニュース: 携帯メールで無料耐震診断 インテグラル

 

posted by xooxoo at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル全般

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。