2007年08月24日

X01HTにフリーソフトを入れて便利にしよう!

X01HTを使って気づいたことや思ったことをまとめています。

X01HTを買ったらまずは便利ソフトをダウンロードしましょう。
この端末はWindows Mobileなので、別途なにもインストールしなくても、必要最低限のものは利用可能です。 Outlookメール,予定表,ToDo,メモ帳,ファイルエクスプローラー,IE,ワード,エクセル,etc...
それらはPCと同期するので、いつでも最新のデータを見ることができます。

ところが、ほんの少しソフトをインストールすることで更に便利なアイテムに変身可能です。

私がインストールしたのは以下のもの。これだけでもかなり利便性が向上です。X01HT用お勧めソフトを4つご紹介。

SoftBankメールでS!メールを使おう!

無料のS!メールソフトです。
X01HTは残念なことに、買ってきたままの状態では、ソフトバンクのMMS(ドコモで言うとiモードメール)を送受信できません。 これはかなりNGですね。
ダウンロード方法などはここに書かれてます。→ソフトバンク(PDF)

このソフトをダウンロードしたり、メールの送受信をするにはS!ベーシックに加入する必要があります。税込み315円/月。

この端末をOutlookとの同期用+通話端末としてだけ使うには、S!ベーシックは不要です。

しかしこのSoftBankメール。動作が緩慢なんです。。。とてつもなくとろーーーーいソフト。 どうやったらこんなにダメな作りにできるのか。ちなみにプリインストールのOutlookメールはすごくきびきびしてます。

でもS!メールを送受信するには必須なので目をつむりますか。正直、しかたなく使ってるって感じかも。
サードパーティ製の新たなソフト期待です。

XRoofで簡単にタスク切り替えしよう!

タスク切り替えソフトです。
X01HTに限らず、マイクロソフトのPocketPC,Windows Mobile端末の悪いところですが、 起動したソフトを簡単に終了させることができません。予定表やメールやあれやこれや起動してゆくと、いずれはメモリーが無くなります。 またそこまで行くまでに動作がどうも緩慢になってきます。Windows Mobileはバージョンアップしてもそういったところが全く改善されてません。

PCのように複数のウィンドウが画面内に見えてて、どれでも簡単に選べるようになっていればいいんですが、そうはなっていませんので、 ソフトを切り替えるときには、少し面倒な操作が必要になります。買ってきたままのX01HTでソフトを終了させるには、メニューから「設定」 →「システム」→「メモリ」→「実行中のプログラム」→「終了させたいソフト」・・・・ゼイゼイゼイ・・・。 ここまでしないと終了してくれません。

それをサク!っと切り替えられるようにするのがXRoof。(それ以外の機能もたくさん含まれてますが・・)
XRoofが起動していると、各画面右上にXマークが出て、ソフトを正常に終了させることができます。

ここに詳しく説明されています→
BBsoft
ITmedia:「X01HT」のUIとタスク管理を改善――「XRoof」 を試す

GSFinder+でファイル管理!

Windows Mobileのエクスプローラーは、これまた使いづらいというか、ほんとうに必要最低限の機能しか持っていません。 何年も前のPocketPC時代から何も変わっていないものの1つです。
GSFinder+は、PCのエクスプローラーに近づけた機能となっています。
ここに詳しく説明されています→WindowケータイFAN:ソフトウェア/ファイル/GSFinder+

ファイルのドラッグ&ドロップ操作にも対応しているので、ファイル操作が非常に楽になります。 ファイルをいじらない方には不要かもしれません。。

TOMBOでメモを書こう!

X01HTにはOutlookのメモ帳がプリインされています。 このメモ帳はそのままでPCのOutlookと同期しますので便利です。しかしメモの分類や階層分けができません。 他のOutlookアイテムには分類があるのに、どうしてメモ帳には分類が無いんでしょうか?これも数年来のWindows Mobile7不思議の1つかも。。

TOMBOはプレーンテキストのメモを非常に楽に管理させてくれます。

フォルダを指定すると、その階層下にあるテキストファイル(.txt)のみ階層ごとに表示してくれます。 通常の.txtファイルを起動すると、ワードが起動しリッチテキストで保存してくれようとしますが、 TOMBOではTOMBO内蔵のテキストエディターで修正,保存が可能です。

TOMBOにはWindows Mobile版と、PC版があります。私はどちらもインストールしています。 PC側はX01HT同期フォルダ内の1フォルダを指定して、そこにテキストファイルを置いています。 そうすることでPCでいじったファイルはActiveSyncで自動的にX01HTにも反映されて便利です。

TOMBOは、http://tombo.sourceforge.jp/ からダウンロードできます。


↑の4つのソフトで無いと死んでしまうものを敢えて選ぶとするならば、

  • SoftBankメール
  • TOMBO

ですかね。。


あと、これはPocketPCを今まで使ってきて思っていることなのですが、

「インストールするソフトは限定しよう!」


というのは何でもかんでもインストールすると、便利に見えて実は不便というのがあります。 購入時の状態からあまり変えないで致命的なところだけ良くするというのが、こういったモバイル端末での自分なりの鉄則としています。

参考になれば。

posted by xooxoo at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Mobile
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。