2007年08月30日

X01HTで動画再生は結構つらい・・・

japan.internet.comによりますと、 携帯端末機器では今後動画再生機能が伸びてゆくだろうとのことです。

現在まで、携帯端末としての大きな機能としては音楽再生。 しかし今後はAppleをトップとして動画再生機能を持った端末が売れてゆくのでは?との推測。

私が個人的に思う動画再生機能に欠かせないことはというと、「液晶パネルの良さ」でしょうか。

今まで動画再生をやってみた端末としては、

  • P900iV:×
  • P902i:×
  • D902i:○
  • PSP:○
  • X01HT:×

ここに書いた○×は「視認性」。
液晶画面で動画を見るわけですが、快適に見るための命との言えるのは液晶の視野角。
ここで×の付いている端末は視野角が非常に狭く少し斜めから見ると色反転が起こります。 逆に○のものは視野角が広く斜めからでも色が反転せず見やすいです。

今月ソフトバンクのX01HTにして、動画再生もやってみました。結果は残念ながらNG。



その理由としては、CPU速度など能力的なものではなく色が反転すること。

液晶パネルというのは、縦方向と横方向で作りが違います。ただそれが実際に目で見て決定的に違う端末と、あまり違いが無い端末とがあります。 上で書いた×マークの端末は大きく違うほう。

例をあげると、P902iでは基本的に液晶を縦長方向に見る設計になってるようです。動画は横長にできています。 携帯電話などで動画を見るときには画面を広げるために、90度まわして表示します。なので携帯も90度まわして動画を見ますが、 パナソニックの採用している液晶パネルは縦長方向の視野角が非常に狭い作りになってます。よって映像が左目と右目で違って見えます。 実際に見たかたはわかるでしょうが、かなり違って見えます。これでは動画はもちろん、普通の静止画でも見難いものとなります。

D902iやPSPは液晶の作りがいいんでしょうね。
色も反転せず快適に画面を見ることができます。

X01HTの場合、更に悪いのは輝度が低くコントラストが高いこと。明るい部分は明るいですが、少し暗い部分が真っ黒に近く見えて、 普通の映画だと真っ暗がりでないと一体なにがどうなってんのかさっぱりです。X01HTは動画再生に適していません。上の絵は「CSI」 を動画変換君で3gp化し、メディアプレイヤーで表示したものですが、PSPやD902iなどで見るともっと周りのものが見えてますが、 X01HTでは周りがまっくらに見えます。

動画を見るぞ!と気合の入ってる方は、実際に画面を見て判断したほうがいいですよ。そういう点で言うとシャープの端末は綺麗ですね。

今のところ、家以外で動画を見るなら、画面サイズも大きく輝度もあり、 また動画再生でも電池の消費がそれほどでもないPSPがベストだと思いますよ。(他の端末だと電池が結構あっちんちんになってしまうほど。)

posted by xooxoo at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Mobile
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53261268

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。