2007年09月11日

2008年度中に、ドコモ地域8社が本社に吸収される

この1年、調子がよくないドコモですが、100% 子会社で現在8社ある地域販社をすべて本社吸収,2008年度中には吸収を完了させるようです。

  1. 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ北海道
  2. 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ東北
  3. 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ東海
  4. 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ北陸
  5. 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ関西
  6. 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ中国
  7. 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ四国
  8. 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ九州

日本は地域ごとに特色があるので、その地域に見合ったサービス展開が必要になるわけですが、 このような状況ではやはり販売戦略を一本化する必要があるようですね。 少なくとも現在8社分あるホームページは1つにまとめるべきですね^^。

ドコモの端末やサービスは全然ダメってわけではないので、一人負けになる何か根本的な要因があるんでしょうね。前にも書きました (ドコモ純減・・・ウィルコムも純減・・・ 終わったか)が、素人の私が思う要因としては、

  • 新機種販売価格がべらぼうに高い。
    • auのように低く設定するか、SB,ウィルのように割賦販売で購入の敷居を押さえる。ドコモのように高いんじゃ、 これだけ早い新機種のサイクルにユーザーは着いていけません。
  • 端末の機能強化
    • auには高機能,高質な音楽再生,ラジオ,TVが標準的とも言えるほど搭載されていますが、 ドコモ端末ではそれら機能はハイエンドのみと言えます。
  • ダブル定額くらいやりましょう。
    • パケット定額料金が、いきなり+3900じゃあ敷居高すぎです。
  • サイトでのサービスが無い
    • 無料で利用可能なブログやストレージサービスがドコモにはありません。
  • よくわからんCM
    • あの超不評2.0CMをいまだに続けているのでは、ユーザーの印象は悪いでしょう。
  • 低価格「放題」サービスが無い
    • ドコモどうしなら通話し放題、それを1ヶ月1000円とかでお願いします。

ようするに、他社に比べて割安感のある商材として無いものが多すぎる気がします。

posted by xooxoo at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドコモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。