2007年09月07日

ドコモ純減・・・ウィルコムも純減・・・終わったか

TCAから2007年8月の携帯電話契約数が発表されました。

7月の純増数では、au,ソフトバンクともに20万件を突破し、ドコモは約8万件にとどまり独り負けでした。
2007年7月の携帯純増数、ドコモ惨敗, ウィルコム低迷続く
さて8月はどうなったでしょうか。

各キャリアの純増数
8月

純増 累計
ドコモ -22,900 52,904,200
au 203,000 28,547,300
ツーカー -44,500 511,900
ソフトバンク 188,900 16,854,200
ウィルコム -13,900 4,645,200

ドコモが創業以来2度目の純減という事態に陥ってしまいました。 1度目は2006年11月。これは歴史的なできごとと言えます。

ちなみに7月は、

 

純増 累計
ドコモ 81,400 52,927,100
au 234,600 28,344,300
ツーカー -43,400 556,300
ソフトバンク 224,800 16,665,300
ウィルコム 11,300 4,659,100

 

ウィルコムも純減してしまいました。
ユーザーが大きくauとソフトバンクに流れて行ってるのが原因でしょう。


今度の役員人事では相当数のクビが変わりそうですね。

私からドコモさんに提案ですが、以下をなんとかしないといつまでもだめでしょう。

  • 新機種販売価格がべらぼうに高い。
    • auのように低く設定するか、SB,ウィルのように割賦販売で購入の敷居を押さえる。ドコモのように高いんじゃ、 これだけ早い新機種のサイクルにユーザーは着いていけません。
  • 端末の機能強化
    • auには高機能,高質な音楽再生,ラジオ,TVが標準的とも言えるほど搭載されていますが、 ドコモ端末ではそれら機能はハイエンドのみと言えます。
  • ダブル定額くらいやりましょう。
    • パケット定額料金が、いきなり+3900じゃあ敷居高すぎです。
  • サイトでのサービスが無い
    • 無料で利用可能なブログやストレージサービスがドコモにはありません。
  • よくわからんCM
    • あの超不評2.0CMをいまだに続けているのでは、ユーザーの印象は悪いでしょう。
  • 低価格「放題」サービスが無い
    • ドコモどうしなら通話し放題、それを1ヶ月1000円とかでお願いします。


基本的に普通のサービスを普通の値段でやり続けてるのがドコモ。
低価格というイメージがまったくありません。これからドコモも低価格を前面に打ち出してゆきませんか? そしたら私もいずれは帰ってくるかもしれませんよ^^。
2年はソフトバンクに縛られてるので2年後ということで。。

 

posted by xooxoo at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57153433

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。