2007年10月03日

11月から携帯販売価格は2万円高、販売奨励金が無くなる

もっとあとだと思ってましたが、これほど早い時期だとは思いませんでした。

ドコモとKDDIは、2007年11月以降の新端末の販売価格を一気に2〜3万円高くし、 逆に通話料金を2〜3割安くする方法に転換するようです。

現在、携帯電話の販売方法としては「販売奨励金」あるいは「インセンティブ」と呼ばれるお金がキャリアから販売店に動いています。 そのおかげでユーザーは安く,旧機種なら1円という破格で購入できるわけですが、反面、不透明な経済となっています。

既にウィルコムやソフトバンクでは割賦販売という形で販売しています。 端末価格は2年程度のあいだで月々の分割としてユーザーは支払います。 その間に解約したい場合にはユーザーは残額を一括で支払う必要がありますが、 長期間利用するのであれば逆に大きな割引を期待できるというもの。

最近、新端末を短期間で買い換えるユーザーが多くなってきて、その都度販売奨励金が無駄になってしまってきているので、 キャリアにとっては有益な方法になると思われますが、 メーカーとしては買い替えサイクルが長くなって需要が減ってくるのでデメリットと考えられています。

端末をころころと変えないユーザーとしては、良いサービスが安く使えるに越したことはないし、 市場から不透明な経済システムが1つ消えるということで良いことではないでしょうか。

 


ところで、記事では「通話料が安くなる」とありますが、パケット通信料はどうなんでしょうか? 私の場合通話はほとんどしないのでパケット料金のほうが大いに気になります。。。

asahi.coom:KDDI 端末2万円上げ、 通話料2割下げ

posted by xooxoo at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。