2007年12月13日

規制が厳しくなって株価暴落のモバゲータウンのこれから

無料のモバイルゲーム, SNSなどで急速な会員獲得を果たし、事実上携帯サイトの中でも王者となった「モバゲータウン」ですが、 サイトを運営しているDeNAにとって、もっと言うと携帯無料サイトにとって大きな打撃になるかもしれないことが発生しているようです。

モバゲータウンなど無料サイトは、SNSを軸にしたサイト。会員同士が自由な内容の日記を書いたり、コメントを入れたり、 会員宛にサイト内メールを送ったりすることができて、大変楽しい内容になっている反面、未成年を狙った有害サイトへの誘導や、 本来禁止されている個人情報を日記やコメントに書かれていることで、実質的な出会い系サイトという面も持ち合わせています。
それによって、実際に2007年11月にはサイトで知り合った男性に16歳の女子高生が殺されるという事件も起きています。

モバゲーなど無料サイトさえなければ起き得なかったかというと、今の携帯時代にそれははなはだ疑問ですが、 総務省による強い指導が入ったようで、今回DeNAもモバゲータウンの中における、ルールを強化し、 またシステムとしても禁止行為が起きにくくする対策を講じるようです。

例えば、有害として登録されているサイト(有害サイトをリスティングしている会社があります)への誘導を禁止したり、18歳未満の場合、 歳の差が2歳以内にしかサイト内メールが送れなくなるという処置がなされるようです。

これらによってサイト内の盛り上がりは小さくなるかもしれませんが、 本来無法地帯として異常に盛り上がってたのが抑制されるのでいいことかもしれません。


ただ、「年齢」は自己申告であって、証明書があるわけではないし、 外部有害サイトへの誘導抑制機能もユーザーが申告さえすればOFFすることが可能なようなので、実際にどらだけの効果があるのかは不明です。


1つ言えるのは、携帯を通じて出会うようなケースでは、まっとうな出会いではない場合がほぼ全部というのが実情。それを、 この間まで小学生だった人たちが何でもできるITのオモチャ「ケータイ」を手に入れた中高生が理解できるかどうかにかかってるんでしょうね。


CNET: 「モバゲータウン」で青少年の保護目的にした対応を大幅強化
モバゲータウン

posted by xooxoo at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72570209

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。